社会課題66 安全かつ適切な価格の交通機関を平等に利用できる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

都市への一極集中が進行し、地方の過疎化が加速している昨今、利用者が減少した公共交通機関は、老朽化しても整備ができず、事故発生の原因へとつながっている。 また、運転手などを雇用出来ないために、近隣住民が求める需要に見合った運航が行われず、さらに利用者が減るという悪循環に陥ることとなる。 しかし、維持や整備にかかるコストを削減できれば、過疎地周辺でも利便性の高い交通システムを提供することができる。 それだけでなく、電車やバスといった手段が選べれば、高齢者の運転による事故などを減らすことにも繋がり、安全面においてもメリット生まれる。 現在、交通インフラの整備・維持を行うドローンや、道路や線路の状態をセンサーとAIで検知して補修時期を予測する技術などが開発され、少ない人手でもインフラを持続させる新技術が誕生している。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

住み続けられるまちづくりを

「安全かつ適切な価格の交通機関を平等に利用できる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

あらゆる人に許容可能な価格の交通機関を提供し、安全に利用できる交通インフラを提供する社会を実現する。