社会課題63 地域の意向を尊重した持続可能な開発を促進するビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

先進国と途上国の間の経済格差を是正するため、途上国輸出への特別な待遇や、途上国への資金流入の促進が求められている。 そのための国際的な取り組みとして、金融市場での規制とモニタリングの強化、途上国の発言権の拡大など、国家間の格差を是正する動きが活発になっている。 また、それに加えて、途上国の貧困世帯にとっては重要な収入源である、移民労働の問題や、途上国の貿易促進と資金流入拡大も進んでいる。 途上国の貧困層にとって海外出稼ぎ者の送金は重要な収入源である一方、送金手数料は大きな負担になっており、現在では海外送金のコストを抑える取り組みなど、新しい事業が生まれてきている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

人や国の不平等をなくそう

「地域の意向を尊重した持続可能な開発を促進するビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「人や国の不平等をなくそう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

地球規模の国際経済・金融制度の意思決定における開発途上国の参加や発言力を拡大させることにより、より効果的で信用力があり、説明責任のある正当な制度を実現する。

世界貿易機関(WTO)協定に従い、開発途上国、特に後発開発途上国に対する特別かつ異なる待遇の原則を実施する。

世界貿易機関(WTO)協定に従い、開発途上国、特に後発開発途上国に対する特別かつ異なる待遇の原則を実施する。

各国の国家計画やプログラムに従って、後発開発途上国、アフリカ諸国、小島嶼開発途上国及び内陸開発途上国を始めとする、ニーズが最も大きい国々への、政府開発援助(ODA)及び海外直接投資を含む資金の流入を促進する。

2030年までに、移住労働者による送金コストを3%未満に引き下げ、コストが5%を越える送金経路を撤廃する。