社会課題6 栄養がありバランスの良い食料を全ての人が摂取できる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

栄養バランスの改善は、多くの病気・死亡原因となる生活習慣病の予防につながります。 近年、肥満治療やメタボが話題になり、国を挙げて運動習慣の啓発が進められています。しかし、食欲の増減や適切な栄養バランスには、現代社会が抱えるストレス・多忙な生活や健康の個人差などにより、自発的に改善することが難しいとされています。また、食生活改善の意思があっても医師による健康指導は簡単に受けづらいことなどから、個人での改善は容易ではありません。 食品衛生、栄養素、料理法の知識がより浸透し、各人が安全で栄養バランスのよい食事を自立して考えることができる教育の拡充や、安全で健康な食料を生産し提供するシステム。また、情報提供・サービスにより栄養バランスの高い食料を調達・摂取することのできるシステムが必要とされています。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

飢餓をゼロに

「栄養がありバランスの良い食料を全ての人が摂取できる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「飢餓をゼロに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2.1 2030年までに、飢餓を撲滅し、全ての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。

2.2 5歳未満の子供の発育阻害や消耗性疾患について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養不良を解消し、若年女子、妊婦・授乳婦及び高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。