社会課題55 持続可能な開発技術を用いた地域格差のない産業化と技能向上が可能な社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

途上地域産業化への環境技術導入。途上地域での科学技術によるイノベーションを促進させ、官民の研究開発への支出と従事者を拡大させ、全ての国々の産業セクターにおける科学研究の促進しと技術能力の向上から環境配慮型産業を実現する社会を実現する

この社会課題に取り組んでいる企業

×

産業と技術革新の基盤をつくろう

「持続可能な開発技術を用いた地域格差のない産業化と技能向上が可能な社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「産業と技術革新の基盤をつくろう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

摂的かつ持続可能な産業化を促進し、2030年までに各国の状況に応じて雇用及びGDPに占める産業セクターの割合を大幅に増加させる。後発開発途上国については同割合を倍増させる。

2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとする全ての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。

産業の多様化や商品への付加価値創造などに資する政策環境の確保などを通じて、開発途上国の国内における技術開発、研究及びイノベーションを支援する。