社会課題53 社会的孤独感がなく全ての人が働きがいのある社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

孤独・引きこもり問題のための雇用面対策を行い、孤独感を持つことのない社会で全ての人々が働きがいを持って就業し、経済を成長させる社会を実現する。 若者や障害者を含む全ての人への、働きがいのある人間らしい仕事と、同一労働同一賃金を達成する。また就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らすことで、スキルでの差を可能な限り無くし社会的な孤独を解消する。

×

働きがいも経済成長も

「社会的孤独感がなく全ての人が働きがいのある社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。

2020年までに、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。

2020年までに、若年雇用のための世界的戦略及び国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。