社会課題52 過疎地や高齢化社会において働きがいのある社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

"創造的過疎"という言葉を聞いたことはあるだろうか。 近年、労働人口の減少や都市部への人口流出に対抗する過疎地での取り組みが盛んである。 過疎化を与件として受け入れ、外部から若者やクリエイティブな人材を誘致することで 人口構造・人口構成を変化させたり、多様な働き方や職種の展開を図ることで働く場としての価値を高め、 農林業だけに頼らない、バランスのとれた持続可能な地域をつくろうという考え方が創造的過疎である。 例えば、サテライトオフィス設立で企業を誘致し、オンラインを駆使した営業活動や、地域ならではの環境・ 食材を活かした宿泊施設・レストランなどのサービス業を展開し、SNS等による集客に成功している。 インターネットの普及はイノベーションを生み、過疎地の活性化を促進させている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

働きがいも経済成長も

「過疎地や高齢化社会において働きがいのある社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。

2020年までに、若年雇用のための世界的戦略及び国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。