社会課題50 障がいをもつ人に対して働きがいのある社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

街の公共施設や交通機関など、都市にバリアフリーやユニバーサルデザインが普及して久しい。 一方で障がいを持つ人々自身の生活や身の回りのものはどうだろうか。 障がいをもつ人に対しても働きがいのある社会を実現させるためのイノベーションは数多く起こっている。 民間企業の参入で自動字幕表示メガネ型デバイス、難聴者にも聞こえるスピーカー技術など 多くの技術が日々誕生しており、それにより視覚や聴覚、歩行などの障害を補うハード面は拡充されつつある。 今後期待されることは内的・外的障がいをもつ脆弱層の人に対するカウンセリングや雇用枠創出、 義肢やデジタルツール等機能補完の就業支援などソフト面も並行して拡充させることである。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

働きがいも経済成長も

「障がいをもつ人に対して働きがいのある社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。