社会課題47 就労支援や賃金の地域格差を低減して働きがいのある社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

就労支援・就業能力底上げを行い、途上国や先進国などの地域間の格差がなく、就学・就業訓練などのはたらくための教育を拡充し、就業にあたる人口比率を向上させ、賃金やスキルに地域格差のない働きがいある社会を実現する。 就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らすことで、地球全体の生産力を向上させることができる。

×

働きがいも経済成長も

「就労支援や賃金の地域格差を低減して働きがいのある社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2020年までに、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。