社会課題46 持続可能な発展を目的としたビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

環境配慮による持続可能な開発を目的としたビジネスエコシステム拡充をする。 環境に配慮した持続可能な社会を実現する開発や都市化などにより、ビジネスの強化と発展を目的としたビジネスエコシステムを実現する。 適切な雇用を生み出し、起業やイノベーションを支援する。また金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立および成長を図る。世界の消費と生産における資源効率を改善し、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10年計画枠

この社会課題に取り組んでいる企業

×

働きがいも経済成長も

「持続可能な発展を目的としたビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性及びイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。

2030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。

国内の金融機関の能力を強化し、全ての人々の銀行取引、保険及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。

後発開発途上国への貿易関連技術支援のための拡大統合フレームワーク(EIF)などを通じた支援を含む、開発途上国、特に後発開発途上国に対する貿易のための援助を拡大する。