社会課題45 ライフイベント・ライフスタイルに合わせて自由な場所・形態で働き続けられる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

ライフワークバランスの自由設計 遠隔感覚・VRなどの5Gネットワーク等を利用したコミュニケーションツールなどの新技術導入によるリモートワークの拡充や、ワークシェアリングの促進や職業の自動マッチングより、あらゆるライフイベントに対応できる自由な形態で就業し続けられる社会を実現する。 個々の自由な意思で、働き甲斐のある形で、働く価値を提供し、物理的な拘束から解き放たれた仕事をすることで、人間として、自分のために生きることを目指す。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

働きがいも経済成長も

「ライフイベント・ライフスタイルに合わせて自由な場所・形態で働き続けられる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2020年までに、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。