社会課題44 過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方ができる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

先進国を中心に直面している高齢化社会において、生産年齢人口比率の低下が起因し 重労働によるストレスや健康障害が早急に解決すべき課題として取りざたされている。 その課題を解決する方法として注目されているのがAIやロボットの活用である。 これらの新技術導入により、重労働や肉体労働の完全自動化を図ることで、 私たちはより"人間らしい創造的働き方"に専念できるようになり、 最終的に過重労働から解放され、収益を共有する社会を実現する。 既に画像・音声解析技術を駆使した警備ロボット、作業ロボットの開発や、 膨大な人的工数を掛けていた作業の自動化、労働者の健康状態を事前に把握し身体的負担をなくすサービスなど、 過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方ができる社会の実現に向けた新ビジネスが生まれつつある。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

働きがいも経済成長も

「過重労働から解放され人間らしい創造性を生かした働き方ができる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「働きがいも経済成長も」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。

高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。