社会課題43 温室効果ガス排出を低減する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

温室効果ガス排出規制への対応は、地球温暖化の要因をなくすことと同時により健康的な生活を送ることにつながる。 急速な経済成長を遂げる国や地域では環境対策が追い付かず、排気ガスや窒素酸化物の排出量が増加し、感染症を引き起こす虫の大量発生や干ばつなども問題視されている。 先進国を中心に大気汚染への取り組みが強化され、一酸化炭素や硫黄酸化物の排出を削減する成果を挙げた。 今後はさらに経済成長・人口増加が見込まれる発展途上国での対策が重要と言われている。 廃棄物を燃料へ転換したり、大気汚染物質を分解・抑制する技術、PM2.5の原因となる粒子状物質を確保する技術など、汚染物質の「削減」「除去」「再利用」など様々な面で大気汚染をなくすためのアプローチが進んでいる。 化石燃料の使用を低減することで、二酸化炭素排出量を低減する代替エネルギーの選択可能性を広げ、エネルギー消費時の排出炭素を低減するとともに、酪農からのメタンの回収や低減などのCO2以外の温室効果ガスについても低減する社会を実現する。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

「温室効果ガス排出を低減する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。