社会課題42 エネルギー生産による環境破壊・人的被害のない社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

環境にやさしいエネルギーの実現は、経済成長と環境や健康面への配慮を両立させる社会につながる。 発電やエネルギー創出時の環境への影響は、大気汚染などの健康被害にもつながり、また人命にかかわる気候変動の要因にもなる。 気候変動を2℃以内に抑えるため、2040年までに再生可能エネルギーを全体の6割にしつつ炭素回収・貯蔵(CCS)技術で全体の6%を回収しなければならないという調査結果もあり、エネルギーの創出だけでなく、つくられたエネルギーを蓄電する技術や、回収・貯蔵技術も関わってくる。 現在、再生可能エネルギーを効率的に使用する蓄電技術の実用化や、有機薄膜太陽電池開発など、従来のエネルギー創出とは違ったアプローチで環境・健康面に配慮したエネルギー創出がが世界で進みつつある。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

「エネルギー生産による環境破壊・人的被害のない社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。