社会課題41 省エネルギーな社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

エネルギーの利用効率を向上させることで、消費エネルギーの低い省エネルギーな社会を実現することができる。 風力や太陽光など、再生可能エネルギーとして注目を浴びる手法は、高コストや環境条件の厳しさ、供給量の不安定などの問題により、普及が進まない側面があった。 利用効率を改善することで、それらの問題も解決する。 また安定かつ効率的にエネルギーを供給し、コストも安く環境を選ばない生物資源を用いたバイオ発電などの取り組みも鍵となる。 ミドリムシや林業の廃材を利用した生物資源のエネルギー開発や、従来よりも低コストで安定供給、環境を選ばない自然エネルギーの実用化は、環境への負荷がすくないだけでなく、より安定した暮らしを実現すると期待されている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

「省エネルギーな社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。