社会課題40 エネルギーの地産地消を可能とする社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

エネルギー的独立による地域格差是正、地域におけるエネルギー需要に対して、地産地消にてマイクログリッドなどを活用して分散供給することで、災害等に強い地域社会地域社会を実現する。 安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保し、エネルギー全体の効率率を倍増させる。また全ての国の全ての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給するためのインフラ拡大と技術向上を図る。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

「エネルギーの地産地消を可能とする社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

2030年までに、各々の支援プログラムに沿って開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、内陸開発途上国の全ての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給できるよう、インフラ拡大と技術向上を行う。