社会課題4 貧困や格差を防ぐためのビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

ホームレスの人数は日本国内で約6,000人と言われており、ワーキングプア層に至っては既に1000万人を越え深刻な社会問題となっています。これらを改善するためには政府主導による社会保障の拡充のみならず、直接的・間接的ビジネスの構築や金融的優遇などの人的・経済的・知的リソース外部をから供給する枠組みを拡充する社会を実現する必要があります。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

貧困をなくそう

「貧困や格差を防ぐためのビジネスエコシステムを拡充する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「貧困をなくそう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

1.4 2030年までに、貧困層および脆弱層をはじめ、すべての男性および女性の経済的資源に対する同等の権利、ならびに基本的サービス、オーナーシップ、および土地その他の財産、相続財産、天然資源、適切な新技術、およびマイクロファイナンスを含む金融サービスへの管理を確保する。

1.a あらゆる次元での貧困撲滅のための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの多大な資源の動員を確保する。

1.b 各国、地域、および国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを設置し、貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援する。