社会課題39 再生可能エネルギーを中心的に利用する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

石炭とウランはあと100年、石油と天然ガスはあと50年ほどで枯渇すると予測されている。 一方、2040年のエネルギー消費量は約1.3倍に増加すると予想されている。 このことから、再生可能エネルギーを中心的に使用することで持続可能な社会を実現することは、未来の経済を支える上で非常に重要な要素だと考えられている。 現在、先進諸国では脱・化石燃料への移行が進んでいますが、今後増加すると予測される後進国の人口を支えるためには、さらなる新しい燃料資源の確保が欠かせない。 この問題を解決するため、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究、及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する必要がある。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

「再生可能エネルギーを中心的に利用する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。

2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。