社会課題34 望んだタイミングで妊娠・出産ができる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

出産しやすい社会を実現することで、日本など先進国で進む出生率低下にも大きなメリットがもたらされる。 出生率の低下は世帯年収や金銭的なものだけでなく、高齢出産への不安や不妊での悩み、またダウン症や染色体異常などで生まれてくる子どもへの不安など、医療的なアプローチが重要になることも多く含まれる。 不妊を解消するとともに、望まないタイミングでの妊娠を防ぐ妊娠コントロール技術を実現する。 この問題を解消するため、不妊治療や、高齢出産をより安全にする医療技術の研究が進められているほか、代理出産についての議論、経済的不安を解消する社会制度など、様々な領域での対策が行われている。 こうした取り組みが続くことで、より安心に子どもを産める世の中が実現していく。

この社会課題に取り組んでいる企業

  • まだ企業の登録がありません
×

ジェンダー平等を実現しよう

「望んだタイミングで妊娠・出産ができる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「ジェンダー平等を実現しよう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

未成年者の結婚、早期結婚、強制結婚及び女性器切除など、あらゆる有害な慣行を撤廃する。

公共のサービス、インフラ及び社会保障政策の提供、並びに各国の状況に応じた世帯・家族内における責任分担を通じて、無報酬の育児・介護や家事労働を認識・評価する。

国際人口・開発会議(ICPD)の行動計画及び北京行動綱領、並びにこれらの検証会議の成果文書に従い、性と生殖に関する健康及び権利への普遍的アクセスを確保する。