社会課題32 教育・技能・能力開発において性による格差を解消する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

教育面での性差別の是正が実現すると、多くの人に経済的な豊かさと幅広い職業選択の可能性をもたらす。 全ジェンダーに対する教育や就業のための技能・能力等の開発・訓練へのアクセスに対する差別を解消し促進する社会を実現するためには、女性の能力強化促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化が必要である。 学力の不足や劣等感がその後の人生に大きな影響を及ぼしていると言われている。たとえば海外においては、教師や教材不足のため、小学校6年生の時点で読み書きのできない子どもが多く存在している。 学校に通うことを前提としない、多様性のある教育の実現も求められている。 学校に通えない子どもに教育機会を提供する遠隔サービスや、いじめの起こりにくい教育システムの開発、他にも、発達障害や社交的でない子どもの個性に順応したスクールの立ち上げといった多様性のある教育に向けた取り組みにあわせて、適正な政策及び拘束力のある法規を導入・強化が必要である。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

ジェンダー平等を実現しよう

「教育・技能・能力開発において性による格差を解消する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「ジェンダー平等を実現しよう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

あらゆる場所における全ての女性及び女児に対するあらゆる形態の差別を撤廃する。(そのほかの小課題に含まれる)

女性の能力強化促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する。

ジェンダー平等の促進、並びに全ての女性及び女子のあらゆるレベルでの能力強化のための適正な政策及び拘束力のある法規を導入・強化する。