社会課題31 性的犯罪・性的搾取のない社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

性的虐待のない社会を実現することで、性的搾取や強制労働の被害にあう人を救うことにつながる。 売春や援助交際は、本人の意思によるものとは限らない。組織的な脅迫によって巻き込まれるケースや、男女の賃金格差、就労機会の少なさによる経済的な困窮が要因として指摘されている。 性的虐待、性暴力、性的テロを含む暴力や、人身売買や強制売春、メディア露出を含む、公共・私的空間における性的ハラスメントを含むあらゆる形態の性的被害のない社会は、世界中の人々が怯えることなく、安心安全に暮らし働く社会でもある。 この問題には、街中での見回りや違法行為・組織の摘発といった未然防止策にくわえて、過去の被害者・売春経験者の相談窓口など、心のケアも重要である。 そこで現在、最新技術を用いて当事者に寄り添う働きが、世界中で誕生している。 たとえば、被害者を特定・救出するために画像認識やAIを活用する技術や、被害者をケアするための相談サービス、男女格差の激しい国や地域における女性向けの収益を得るためのサービスなどが挙げられる。

×

ジェンダー平等を実現しよう

「性的犯罪・性的搾取のない社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「ジェンダー平等を実現しよう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

あらゆる場所における全ての女性及び女児に対するあらゆる形態の差別を撤廃する。(そのほかの小課題に含まれる)

人身売買や性的、その他の種類の搾取など、全ての女性及び女児に対する、公共・私的空間におけるあらゆる形態の暴力を排除する。