社会課題3 災害により発生する貧困や格差を防ぐ社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

貧困は経済背景だけが起こすものではありません。洪水・津波・高潮・暴風・干ばつ・地震、火山、ハリケーンなど、局所的・一時的に地域を破壊する自然災害や、中東における紛争状態のように継続的に地域及びそこでの生活基盤そのものも破壊する人的災害なども多くの課題・格差を引き起こします。 これら災害については事前に対策を講じ、地域や生活基盤そのもののレジリエンスを高めておくことが重要です。自然災害においてはインフラや建築物の防災基準の見直しや、地形や気象条件を考慮した地域単位による防災活動の促進など。また紛争災害については難民受け入れの国家間協定の締結や現地支援のためのNGO組織の強化などがあります。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

貧困をなくそう

「災害により発生する貧困や格差を防ぐ社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「貧困をなくそう」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。