社会課題24 質の高い乳幼児ケア・幼児教育が受けられる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

幼児発達教育・ケアの充実と拡充。性別、障がいの有無、年齢、貧富、言語に左右されず全ての乳幼児が発達・ケア・就学前教育等を公正に高い質で受けれる社会を実現することである。 日本国内では就労意欲がありながら定職につけない人が約40万人、そして経済的に困難を抱える片親世帯は約85万世帯存在します。 また、2万人を超える待機児童、体調不良の子供を預けられない病児保育問題、産休や育休など雇用企業側の制度や精神的なケアなど、様々な取り組みが必要とされています。 現在、自治体や政府の取り組みに加え、民間企業主導でも急な託児ニーズに応えるサービス、保育に関する互助コミュニティや保育施設に依存しない子育てサポートビジネスや、自宅にいながら就労可能なクラウドサービスなど「育児する親や地域社会」のためのビジネスが生まれている。 こうした取り組みが本格化することで、子育てに対する負担や不安を解消し、少子化問題や教育面においてもよい効果がでることが期待される。  

この社会課題に取り組んでいる企業

×

質の高い教育をみんなに

「質の高い乳幼児ケア・幼児教育が受けられる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「質の高い教育をみんなに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

4.2 2030年までに、全ての子供が男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達・ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。

4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子供など、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。

4.6 2030年までに、全ての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする。

4.a 子供、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、全ての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。