社会課題15 孤独と自殺を低減する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

孤独を抱える全ての人々の精神的なストレスを軽減し、自殺のない社会を実現は、長い間、各国で大きな目標となっている。特に、日本は自殺大国とも呼ばれ、早急にこの問題を改善することが求められている。 具体的には、自殺のない社会を実現することで、日本国内だけで年間2万人の命と、2兆円以上の経済損失を救うことにつながる。 自殺を図る人は外部からみて判断しやすい変調が無いケースが多く、周囲が未然に防ぐのも困難であり、自殺を図る人の約75%が患う精神疾患ではある程度症状が改善したタイミングで起こりやすいとも言われている。 しかし一方で、自宅や病院での療養を終え社会復帰したあとのケアによって、効果的な防止につながる可能性についても指摘される。 現在、精神疾患からの復職者の行動記録を人工知能で分析し、自殺の予兆を早期に発見する仕組みや、学校や職場などで精神的な変調をきたす人をゲームのプレイ状況などから判断して周囲へ伝える仕組みなど、新しい試みがはじまっている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

すべての人に健康と福祉を

「孤独と自殺を低減する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「すべての人に健康と福祉を」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

3.4 2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

3.5 薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。