社会課題12 有害物質による健康被害を低減する社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

有害物質による被害低減とは、具体的には、薬物やタバコ、アルコールを含む有害物質の自発的摂取による健康被害や、受動喫煙やシックハウスや公害などの環境有害物質を低減することである。薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化を行う。有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。タバコの規制についても進められている。 特に薬物乱用は、近年、日本でも特に注視されており、公共機関の取り締まりの強化が進んでいる。タバコに関しても、公共スペースでは完全分煙化から完全禁煙の施設も多数増えている。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

飢餓をゼロに

「有害物質による健康被害を低減する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「飢餓をゼロに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

3.5 薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する。

3.9 2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。

3.a 全ての国々において、たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の実施を適宜強化する。