社会課題10 生産・保存・輸送技術により必要な時必要な場所に食料を供給できる社会を実現する

この社会課題は上記のSDGsの目標達成につながります。

+ 詳しく知る

社会課題の概要

食料の生産技術・保存技術・輸送技術の課題は先進国では大きな問題とはなりませんが、今だ途上国における重要な社会課題の一つです。すでに世界の穀物生産量は消費量を上回っていますが、未だ飢餓に苦しむ地域はあとを絶ちません。穀物以外の食料を足し合わせれば食料は供給の方が多いにも関わらずこのような課題が残り続ける理由の一つに、保存や運搬の問題があります。需供バランスなどあらゆる場面に合わせて適時かつ適所な食糧供給を可能とするために、冷蔵、冷凍状態での輸送および保管の手段が利用できるが望まれます。

この社会課題に取り組んでいる企業

×

飢餓をゼロに

「生産・保存・輸送技術により必要な時必要な場所に食料を供給できる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「飢餓をゼロに」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2.b ドーハ開発ラウンドのマンデートに従い、全ての農産物輸出補助金及び同等の効果を持つ全ての輸出措置の同時撤廃などを通じて、世界の市場における貿易制限や歪みを是正及び防止する。

2.c 食料価格の極端な変動に歯止めをかけるため、食料市場及びデリバティブ市場の適正な機能を確保するための措置を講じ、食料備蓄などの市場情報への適時のアクセスを容易にする。