SOCIAL ISSUES

ビジネスで解決すべき
社会課題105

COMPANY DATABASE

社会課題105を解決する
未来を創る企業

社会課題とSDGsとは?

2030GOAL
社会課題105を解決することが
SDGs 17の目標と169のターゲットの達成へ
2020START
社会課題105をビジネスで解決するスタート地点

SCOPEを運営する私たちアスタミューゼ株式会社は、世界の新事業、新製品/サービス、新技術/研究の情報に併せて、80か国の特許情報などを集積・分析し、イノベーションキャピタル(イノベーションの源泉となる資産)のデータベースを構築しています。さらに、「未来を創る2025年の成長領域」と、「未来に向けて解決すべき社会課題105」を独自に定義しています。

社会課題105

約2億件のデータベースから
独自に定義した解決すべき社会課題

  • 技術データ
    約1億4,000万件
  • 商品アイデアと投資額データ
    約3,400万件
  • ベンチャー企業と投資額データ
    約1,700万社
  • 研究テーマと投資額データ
    約700万テーマ

注目すべき社会課題

社会課題61
全ての人が時間や場所を問わず情報ネットワークを利用できる社会を実現する

国連専門機関の国際電気通信連合(ITU)は2018年12月、世界のインターネット利用者数が約39億人、総人口の51.2%に達し、史上初めて半数を超えると発表した。 日本を含む世界全体がより包括的な情報社会に向かっている一方で、世界各地では、大勢の人々がデジタル経済の恩恵を受けるのを依然として待っている状況でもある。 全ての人が時間や場所を問わず平等に情報ネットワークと公共データへのアクセスができる社会にするには、ネットを利用できない人を誰一人残さないよう、技術やビジネスの革新に対する一層の支援が必要である。 また、それと同時にネットワークを利用した個人情報の搾取を防止し個人情報保護の権利を保護することも取り組むべき重要な課題として出現してきている。 ?>

社会課題105

SCOPEは社会課題を、11分類・105項目で独自に定義しています。
また、それらをSDGsの17の目標・169のターゲットで関連づけています。

絞り込み
SCOPE 11分類
SDGs 17の目標