5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 未来でつながるヒトと企業
  4. >
  5. 「職人の眼」を機械で再現できるか? テクノスの挑戦
未来でつながるヒトと企業

「職人の眼」を機械で再現できるか? テクノスの挑戦

テクノス

安全な製品やサービスを流通する為に必要な検査技術。ここでも深刻な人材不足が問題になっています。経済産業省のアンケートでも、9割超の企業が人材難と回答しているように、技術人材の不足が大きな社会課題となっています。

職人が手作業や長年の感覚で磨いてきた検査技術。テクノスでは画像認識&画像検査を用いて、その機械化・自動化に取り組んでいます。いかに未来の技術者不足を解決するか? その技術や事業展開について、同社代表取締役社長の白崎浩良(シラサキ ヒロヨシ)さんにお話をうかがいました。

人間の目が、最も優れた画像処理技術を持っている

いまの画像処理技術で、どうしても正確に検査しきれないのが「黒」です。光に反射しないからなのですが、人間の目には見えている。すごいですよね。黒のムラを画像検査しようとすると、大抵の企業は「できない」となりますが、私たちは違います。

白崎浩良(シラサキ ヒロヨシ)テクノス株式会社 代表取締役社長

白崎浩良(シラサキ ヒロヨシ)テクノス株式会社 代表取締役社長

通常であればカメラを通すと検査できないというような案件でも、角度を変えると検査できるのではないか? あるいは照明を変えると見えるのではないか? 検査工程そのものを変えると実現できるのではないか? といったように、技術提供だけではなくノウハウや工程を含めた提案をしています。

技術開発のエキスパートというより、技術活用のエキスパートといったイメージです。もちろん、それでもいまのテクノロジーではできないことも多々あります。

既存の検査機器で実現できない案件は、装置からオーダーメイドする

社内には「システム機器部」、「電子機器部」と「営業技術部」の3部門があります。技術者自らお客様とコミュニケーションをし、結果を共有し、検査工程を創ります。

お客様が求める検査結果に対して、オーダーメイドで検査工程を構築するのが私たちの特長ですが、既存機器では検査できない案件もあります。その時は社内で検査装置の設計開発を行ないます。

検査工程の設計から、必要な機器の開発まで、ワンストップで提案できることで、コストの削減も実施することができるのです。最近では、様々な大手企業様で断られたお客様が集まる「画像処理、検査の駆け込み寺」みたいな感じになっています。

最近、こんなエピソードがありました。

大手企業の製品部門担当の方が弊社にオーダーメイドの検査機器の開発状況を見に来られたのですが、

「実は僕、こんなことをやりたかったんです……」

そう、おっしゃっていただけたんですよね。

私たちとしては、見えないものを見えるようにする為に、検査製品毎に様々な技術を駆使し、自分たちでプログラムを作って、設計をして、機器開発をしているのですが、そこに魅力を感じていただけたのは嬉しい反面、大企業の技術が空洞化していってることでもあり少し複雑な感じにもなりました。

日本のものづくり・製造産業がもっと活性化していく為に、私たちにできることはないか。日々考えたりしています。

tecnos

画像処理、検査技術は未来の生活を支え続ける

検査の基本的な工程は、レーンがあって、定点カメラがあって、流れてくるものに対して検査していく、というものです。

ですが、これからは固定されたものに対して「動くカメラ」が検査する技術も出てきます。

ドローンの活用がまさに、そうですね。再生可能エネルギーのプラント検査には既にドローンの活用が始まっています。大規模太陽光発電施設や風力発電施設、水力発電に伴うダム点検用に水中ドローンの開発をしているスタートアップもあります。

その他、老朽化した道路や橋、トンネルなどのインフラの点検といった「私たちが普段の生活を、普段どおりにすごす」為の検査は欠かせません。そこには画像処理技術の活用は必須です。

製造業にも部品の縮小化や新素材の活用のような変化がどんどん出てきます。センサー技術も進化していますし、検査の手法も多様化していきます。画像処理技術のエキスパート集団として、進化していく手法をどう活用すればお客様にとってベストな結果が出せるのか。引き続き研究と開発を続けていきます。

画像処理、検査技術が解決していく社会課題

これまで検査には、職人が必要でした。トンネル検査ではハンマーの打音検査で耐久性を確認したり、品質管理の現場では製品を目視で確認したり。ひとつの技術を長い間続けることで培われる技術ですよね。

これが、少子高齢化や労働人口の構造変化により、保てなくなります。それを AIや IoT 技術により、補完しようとしています。画像処理の技術もその一つです。

製品の安全性を保つことで、生活の不便のない社会を実現する。私たちの技術は画像処理技術に留まらず、多くの人の生活に貢献できると信じています。

また、その技術は、これまでの職人さんの知見が活かされています。昔からやってきたことをコツコツ受け継ぎながら、次の世代へと技術を活かしていく。そんな姿勢で未来と向き合って行きたいと考えています。


「縁の下の力持ち」的な検査技術。それを支えるのは決して目立たないが熱い思いを持った人々です。

テクノス株式会社では現在、

の職種を募集しております。

テクノス株式会社に興味を持たれたかたは、ぜひご覧ください!

PAGE TOP