5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 未来でつながるヒトと企業
  4. >
  5. 明治維新政府の「お札」を刷った企業が150年後の今、なにを印刷しているのか
未来でつながるヒトと企業

明治維新政府の「お札」を刷った企業が150年後の今、なにを印刷しているのか

石版印刷の原版

明治維新政府の「お札」を刷ったのは「石田才次郎」。彼が創業した「株式会社写真化学」は2019年に創業150年を迎えました。写真化学とはどんな企業なのか? その成り立ちと企業マインドについてのインタビュー記事です。

伝統的に、革新的

写真化学の創業者「石田才次郎」さんは、銅板印刷技術や石版印刷技術を用いて、明治維新政府のお札を作り、明治時代に一番売れたたばこパッケージのデザインを手がけていました。独自のエッジング技術を様々な大手企業に提供したり、半導体洗浄技術を開発したりと、創業以来、時代時代の最先端を進む技術開発をしています。

2019年で創業150年。未来を創る新しい技術開発や、サービスの提供を継続しています。伝統だけに依存せず、革新的な事業活動を展開する写真化学。経営戦略本部の北澤さんにお話を伺いました。

北澤 裕之(キタザワ ヒロユキ) 株式会社写真化学 経営戦略部 部長

北澤 裕之(キタザワ ヒロユキ) 株式会社写真化学 経営戦略部 部長

「意外なことをする」をずっと続けている会社です。

創業者である「石田才次郎」は銅板印刷技術や石版印刷技術の開発先駆者です。日本で初めてのお札を明治維新政府から依頼を受けて刷っていました。当時、明治元年(1868年)で印刷なんて日本ではまだまだ木版でしかなかったのを微細な彫刻を施した非常に精度の高い印刷物を作ったっていうインパクトとしてはその時代に高かったかなと。その技術を受け継ぎ、今も印刷業をやっています。高い再現性が求められる美術系等の印刷に強みを持つ会社でもあります。

お札がらみでいくと、今から3、40年前、アメリカのドル紙幣の鑑定を依頼されたことが実際にあったみたいです。1ドル紙幣なんですが、その原板。まだカットしていないシート状のやつをお礼にもらったり。

昔から職人さんが当社にはいます。印刷技術というかエッジング技術に強みがあります。それ以外もテレビ用の撮像管、半導体の洗浄技術、カラーテレビの発祥に貢献していたり。非常に薄い金属の鉄板に高精細のマスクを切る技術等、高度経済成長期に様々な製品に私たちの技術が活用されていました。

世の中にまだインクジェットプリンターがなかった時代に、実は初号機を作っていたり。作るのが早すぎて当時は全く売れなかった、という経緯もありました。新しいモノ好きというか、角度を少し変えた技術の開発、製品の開発をやっている会社です。

「印刷×電子回路」プリンテッド・エレクトロニクス事業

いま最も注力している事業が、印刷の技術を使って半導体や液晶用のデバイスを作るプリンテッド・エレクトロニクスの開発です。誰でも印刷でできるんじゃないかと単純に考えられるんですけども、印刷っていうのは小さいドットの集まりです。人間の目は見えないから絵として認識していますけど、実は点の集まりです。そこに色を変えて補完して人間の目には写っています。

電子デバイス向きの印刷というのが難しい点で、ひとつずつの線やパターンが、全部機能を果たさないといけないんです。配線だったら電気が通らないといけない、なおかつ抵抗制限があるとか、いろんな条件を備えたものを作らないといけない。通常の印刷とは異なる、非常に難しい技術です。

その為に、数ミクロンの配線を作らないといけないんですけども、印刷で10ミクロンを切るパターンが実現できるかどうかという領域なんですね。ただ、当社では3ミクロンの線を表現することができます。サイズ的にも今世界どこいっても我々がやっているくらいの高精細度を実現できる会社はないと自負しています。

この技術自体は、10年近く前から存在していますが、なかなか実用化できていない技術なんです。いまそれがグッと近づいてきている実感があります。プリンテッド・エレクトロニクスの技術が実現されると、業界の地図が変わってきますよ。

3ミクロンの回路基板印刷技術を持つ写真化学

3ミクロンの回路基板印刷技術を持つ写真化学

3ミクロンの配線プリントができるのは、当社の技術力の高さを表現しています。展示会などに出展すると日本の企業様からは「なんでこんなんできるの?」「当社の技術ではここまでできない」「どうして?」という嬉しい疑問を持たれることが多いです。

さらに、海外の企業様にも「Excellent!」「Amazing!」という言葉をいただけるようになってきました。純粋に嬉しいですよね。技術の常識を超える開発に挑戦してきたことが、認められ始めています。だからこそ「経験者」がいない。そこは当社の大きな課題でもあります。

プリンテッド・エレクトロニクスは、Webで検索してもらうと沢山出てくる既知の技術領域なのですが、3ミクロンの電子回路を印刷する技術は、未知の技術領域なんです。過去の技術開発の経験を元に「ここはこうするべき」「ここのやり方はこう」という会話がどうしても出てきてしまいます。

でも、本当に新しいことをしようと思ったら、その常識を疑い、非常識なやり方をどうやって導入していくか。普通じゃ取り入れない考え方を導入し、発想を膨らませ、開発に盛り込んでいき、様々な技術要素を解き放つ必要があります。

できることをやるのではなく、どれだけ引き出しを持っているか。どれだけ要素のかけ算を繰り返すことができるのか。技術開発屋ではなく、研究や企画に近い発想がとても大事な事が我々が取り組んでいる新技術の開発です。

写真化学が挑戦する未来

何か新しいものにチャレンジする、チャレンジして開拓していくという思想を失わず、自社の技術活用だったり、マーケットの課題に対しての事業やビジネスアプローチをして行きたいですね。

「写真化学ってなんの会社なんですか?」って質問されるのは困るのですが、一言で理解されてしまう会社を目指す訳には行かない、というのが本音です。不確実な未来に向かって、事業や技術、サービスを開発していく訳ですから、なんの会社かわからなくても良いかなと。未来がどうなるかわかる人がいないのと同じです。

未来を創る為に、写真化学は進化し続けます。姿や形を変えていきながら。ただ、創業時から受け継がれる伝統的な軸はぶらさないでいたいと思ってます。


「本当に新しいこと」、つまり「だれもが未経験」の領域に挑戦し続ける写真化学。

株式会社写真化学では現在、

の職種を募集しております。

写真化学に興味を持たれたかたは、ぜひご覧ください!

PAGE TOP