5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来でつながるヒトと企業

株式会社地圏環境テクノロジー/30代エンジニア・石井さんの新しい挑戦「自分の総合力で、水環境を良くしたいという仕事選び」

大手企業のエンジニアから「水環境」に取り組む最先端Techベンチャーへ。

(左)ソリューション事業部へ転職した石井大樹さん
(右)地圏環境テクノロジー 代表取締役社長 田原康博さん

<株式会社地圏環境テクノロジーについて>
2000年に東京大学発ベンチャーとして創業。同大学で開発された統合型地圏水循環シミュレーション技術(GETFLOWS)を利用して、様々な水問題の解析・評価・対策提案を行っています。また大手飲料メーカー、大手建設会社から官公庁および自治体を顧客とし、水に関わる事業のコンサルティングサービスを提供しています。

<転職成功者:石井大樹さん>
石井さんは30代半ばの若きエンジニアです。この度、アスタミューゼの採用サービス「SCOPE」にて、大手総合機械メーカーから地圏環境テクノロジーに転職されました。大企業の技術部門で活躍されていた石井さんが、なぜ最先端テックベンチャーの地圏環境テクノロジーに転職したのか。また最終的に新しいキャリアとして選んだプロセスと理由をインタビューいたしました。

自分の力をフルに発揮して、地球環境の課題に取り組みたい。

※転職当時の話を笑顔で話してくれる石井さん。打ち合わせのテーブルは卓球台です。

石井さんは、約8年間、自動車部門の金属フィルターや業務用冷凍機に携わるエンジニアとして働いていました。業務の中心は、試作品や製品の性能を流体解析ツールやテスト装置で評価し、その結果を顧客に説明することでした。ものづくりにおける日本の代表的な企業で働く充実感を得ながらも、自身の専門性を総合的に発揮し、地球の自然環境を少しでも良くできる仕事をしたいと考えて、転職活動をはじめました。またもう少し自分が責任を持って総合的に力を発揮できる仕事がしたい、その責任が地球環境に貢献しているというやりがいに繋がるはずだと思っていました。そのも思いから研究職・技術職を専門に転職のサービスを行っているアスタミューゼの「転職ナビ」と「SCOPE」にご登録いただきました。大手採用サービスでは出会えないような企業であったり、技術や専門性にマッチし偏りがなく新しいチャンスを提供してくれると感じていただきました。

地圏環境テクノロジーに出会い、思い出した大学院の研究マインド。

※田原社長の論文が掲載されている書籍で議論をする石井さんと田原さん

石井さんは、大学院まで進まれ、地球環境に関する研究をやっていました。転職に当たって自分を棚卸してみると、メーカーに入った理由も、フィルター技術という地球の大気などに関わり自動車をもっと環境に適した製品として改善したいという思いでした。転職に際して、自身の純粋だった研究への意志を思い出し、複数の企業のなかから地圏環境テクノロジーに強い関心を持たれました。「実際の社風自体が、大きな研究ビジョンがあり、そこで自由闊達に仕事ができる。まさに新しいLabのような会社です。」と最初の印象を語ってくれました。田原社長は「大学発ベンチャーだからこそ持つ、研究マインドや志向は大事にしている。研究は、知的好奇心に導かれ、大きな課題をしっかりと見つけ出し、それに向かって前向きに取り組むことだから。」とお話されました。

未知なる水を解き明かし、社会とクライアントの課題を解決する


※田原社長と石井さんのミーティング

地圏環境テクノロジーでの採用プロセスは面談が2回でした。1回目は、募集しているソリューション事業部の上司、2回目は田原社長でした。
社長が直接、面接するということで、自分自身の採用への真剣度が伝わってきました。また面接で語られた未知なる世界である「水」と「水環境の分析や研究」に大きな興味を覚えました。世界がどれだけ便利になりデジタル化が進んでも、日本では水害や台風で大きな災害が起こり、悲劇を生んでいます。それは未だ人間が水を解き明かせていないからであり、「水を知りたい。」という知的好奇心で果敢にチャレンジする地圏環境テクノロジーの考えに共感し、大学院で環境分野の研究をしていた自分の純粋な想いが繋がりました。
そして、大手企業で起こりがちなサイロはなく、顧客が目の前にいて、チーム一丸となり、顧客の新しい問いを解決していくことに、自分自身の力を総合して発揮できる面白さを感じました。

世界の水環境を見続けたい。そして、良い方向に導きたい。

※水循環のシミュレーションを見つめる田原さんと石井さん

地圏環境テクノロジーで1年半コンサルティングを続け全体の仕事の流れを把握できるようになりました。今後、石井さんはリーダーシップを発揮し、それぞれのプロジェクトを引っ張るフェーズに入られます。メーカーや行政との仕事などに携わるなかで、水環境の現状、そして多くのプレーヤーの取組を俯瞰的に理解できるようになりました。
石井さんは「地圏環境テクノロジーをもっと有名にしたい。この社会的な意義の高い事業をより多くの人に知ってもらいたいです。そして、自分自身は、日本や世界、また様々な地域の水環境を見続けていき、そこに少しでも関わり、地球環境を良くしていきたいと思います。」と仰っています。「行政の取組も大都市だけではなく地域活性化や地方創生に役立つようなアプローチで取り組みたい。自分の住んでいる宇都宮の行政は、田んぼの治水に取り組んでいるので、そういうことにも関わってみたいですね。」と、石井さんはクールながらも自分の未来へのステップを真摯に話されました。
田原社長の新しい地圏環境テクノロジーの構想である「SDGs やESG投資に真剣に取り組み、水に関わるプレーヤーすべてに自分たちの技術とテクノロジーを駆使して支援する。」という挑戦に、石井さんも中心的なメンバーとして加わっていくことだと思います。


※熊本地震による湧き水の変化をシミュレーション

世界をより良くし、「実現したい未来」を実現する。そのようなヒトと企業の想いが、数多くの社会課題を解決していきます。新しい挑戦をするヒトと企業を、SCOPEは応援しています。

 

 

 

PAGE TOP