5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来でつながるヒトと企業

理系プロフェッショナルのシンクタンク「日本の人事部が知らないシゴトの価値観」Vol.8

【緊急事態宣言解除で見える企業活動】
経済活動の本格的な再スタートへ。
企業が最も積極的に行いたい活動は“新規事業”“営業活動”“中途採用”。

当社・アスタミューゼは、新型コロナウイルスによる事業全般の影響について、独自にアンケートを実施した。
193社の回答から事業や投資などの控えていた企業活動をレポートする。

「求職者のインサイト分析によるブランド開発BOOK」(無料)配布中。 
https://career-scope.jp/contents/insights-report/

——————————————————–
<調査概要>
調査実施期間:2020年4月24日~5月8日
調査対象者:当社サービスの利用企業および取引先企業
回答社数:193社
———————————————————

■緊急事態宣言の解除後、まずは「営業活動(42.5%)」を再開。さらに「新規事業(38.9%)」「IT機器や設備の充実(29.0%)」「中途採用(28.0%)」を中心に事業を進める。
新型コロナウイルスの状況下で、物理的に控えられていた「営業やそれに付随する移動などの活動」が、トップで42.5%の回答となった。またそれと並ぶように「新規事業などの新しい事業創出」が38.9%と高い数値であった。さらに「IT機器や設備の充実」が29.0%、「中途採用などの即戦力や戦略人材の採用」28.0%と30%近い数値であった。(下記、レポートを合わせて、ご参照ください。)

参照:【緊急事態宣言解除で見える企業活動】コロナ禍の選択と集中。「営業」「広告プロモーション」を控える一方で、「新規事業」「研究・開発」は継続。
https://career-scope.jp/contents/success-story/data_report_007/

(出典:アスタミューゼ調べ n=193社)

■“最も”積極的に行いたいのは「新規事業(25.4%)」。次いで「営業活動(23.3%)」「中途採用(11.9%)」 。
最も積極的に行いたい事業活動のトップは「新規事業などの新しい事業創出」で25.4%あった。「営業やそれに付随する移動などの活動」は23.3%で、最も積極的に行いたい事業活動になると逆転している。
また「中途採用などの即戦力や戦略人材の採用」は11.9%で3番目となり、「IT機器や設備の充実」10.9%を超えている。こちらも最も積極的に行いたい事業活動では、順位を入れ替えている。

(出典:アスタミューゼ調べ n=193社 )

■自由回答から見える具体的な活動
自由回答では「新たな時代のリソースプラン」「従来やっていなかった分野でのトライアル」など新型コロナウイルスの影響によって、現状の事業への課題が顕著になり、新しい事業プランを進めたい声が多かった。また「全員テレワークでも業務が回ることが分かったので、オフィスの縮小」「勤怠管理の見直し(在宅と社内業務の統合管理)」など、やはりリモートワークの急激な普及により働き方の制度変更を行う企業も多々ある。一部からは「当面ある程度この状況が続くと思われる為未定」など、やはり緊急事態宣言解除後であっても予断を許さないという判断も見受けられる。

緊急事態宣言が解除され、企業はリスタートに向けて、まずは「営業活動」に力を入れている。一方で、新型コロナウイルスの影響により、自社の新規事業の事業創造や既存事業の見直しを行っている。また中途採用が多く挙げられていることから、戦略人材の採用は大変重要になっており、コロナ前の人手不足は、引き続き課題として大きいようだ。

「求職者のインサイト分析によるブランド開発BOOK」を期間限定で無料・配布中。
https://career-scope.jp/contents/insights-report/

「転職ナビ」「SCOPE」などの採用プラットフォームについては、下記よりご連絡くださいませ。
https://career-scope.jp/company/

<SCOPEとは>
SCOPEは、成長市場・先端領域のイノベーターから技術職、研究職、開発職、専門職に特化したダイレクトリクルーティングサービスです。「実現したい未来でつながる採用プラットフォーム」というコンセプトのもと、「社会課題」と「職種・技術・スキル」で、ヒトと企業が繋がる採用支援サービスを提供しています。

■アスタミューゼについて
世界の新事業、新製品/サービス、新技術/研究の情報に併せて80か国の特許情報などを、独自に定義した136の”成長領域”とSDGsに対応した今後人類が解決すべき105の“社会課題”に分類・分析。2億件を超える世界最大級のイノベーションキャピタル(イノベーションの源泉となる資産)のデータベースを構築、活用し、未来創造、社会課題解決のための新規事業提案やM&Aのコンサルティング、投資情報の提供、先端企業や技術、専門人材のマッチングを行う。また、広くサービスをご利用いただけるよう、新規事業創出支援を「ICP(Innovation Capital Pathfinder)」、人材マッチングサービスを「SCOPE」などのSaaS(Software as a Service)としてもご提供し、より多くのイノベーション創出を目指している。

******************************************
【本件に対する問い合わせ】
アスタミューゼ株式会社
SCOPE運営事務局
Email: scope-support@astamuse.co.jp

PAGE TOP