5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来でつながるヒトと企業

理系プロフェッショナルのシンクタンク「日本の人事部が知らないシゴトの価値観」Vol.1

新型コロナウイルスの影響で、仕事・転職の価値観が大きく変わりはじめる。理系プロフェッショナルの42.7%にて「社会課題を解決する仕事」への意欲が向上。

「求職者のインサイト分析によるブランド開発BOOK」(無料)配布中
https://career-scope.jp/contents/insights-report/

SDGsや社会課題の解決で取り組みたい仕事のトップは「くらし・生活」51.4%。
「環境」「経済」「教育」「医療」も30%を超える。

■新型コロナウイルスの影響で「社会課題を解決する仕事」に関わりたい意識が42.7%。

「新型コロナウイルスの影響でにより、ご自身が仕事として、SDGsや社会課題へ取り組みたいという気持ちは高まりましたか?」という質問に対して、「非常に高まった」は20.6%、「ある程度高まった」が22.1%となり、全体で42.7%となった。より社会的意義が高い仕事や社会貢献のできる仕事への意欲が高まっている。

■転職先の企業で意識するのは「社会課題を解決できる仕事」が63.2%。
非常に重要な基準となる。

「転職先の企業において、社会課題を解決できる仕事かどうかを意識しますか?」という質問に対して、「非常に重視する」が32.8%、「まぁ重視する」は30.4%となった。合計63.2%の人が、転職先の企業を選ぶ際に社会課題の解決を基準にしている。

■仕事で解決したい社会課題のトップは「くらし・生活」51.4%。
また「環境」「経済」「教育」「医療」にも注目が集まっている。

「仕事を通じて解決したい社会課題」は「くらし・生活」が51.4%と過半数を超えた。2位は「環境」48.6%、3位「経済」37.8%、4位「教育」31.5%、5位「医療」30.3%で、5つの項目が30%を超えた。

■「転ナビ」「SCOPE」会員アンケートについて

2020年4月に、技術職、専門職を対象とした転職サービス「転職ナビ」、実現したい未来でつながる採用プラットフォーム「SCOPE」の会員に対して、社会課題やSDGs、また新型コロナウィルスの影響による仕事や転職などの働く価値観について、アンケートを実施しました。

調査実施期間:2020年4月6日~4月14日
調査対象者:当社サービス「転職ナビ」「SCOPE」会員
回答者数:253人
※理系プロフェッショナル:研究職、技術職、開発職、専門職を中心とした当社サービスの会員を示しています。

<SCOPEとは>
SCOPEは、成長領域・先端技術のイノベーターから研究職、技術職、開発職、専門職に特化したダイレクトリクルーティングサービスです。「実現したい未来でつながる採用プラットフォーム」というコンセプトのもと、「社会課題」と「職種・技術・スキル」で、ヒトと企業がつながる採用支援サービスを提供しています。

https://career-scope.jp/company

******************************************

当社の採用サービスおよびアンケートに関する問い合わせ
アスタミューゼ株式会社
SCOPE運営事務局
Email: scope-support@astamuse.co.jp
PAGE TOP