5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 社会課題105×SDGs
  4. >
  5. 気候変動に対する人類活動の影響を正しく理解・自覚する社会を実現する

気候変動に対する人類活動の影響を正しく理解・自覚する社会を実現する

今日、天候の変化や海面水位の上昇、異常気象など、世界中ですでに気候変動の影響が顕在化している。 その影響は、農業生産、飲料水の確保、生態系保全、エネルギー供給、インフラなどあらゆる分野に及んでおり、特に脆弱な生活環境に置かれている貧困層にとって深刻な被害をもたらしている。 さらなる気候変動を阻むこと、そして、それに起因する気候変化に耐える力を強化するためには、気候変動に対処する人的・制度的な能力を強化することが不可欠である。 これらの活動を支援するために、気候変動に最も脆弱な後発開発途上国や小島嶼開発途上国に対して、包摂的な気候変動対策の能力開発を促進することが求められてる。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

気候変動に具体的な対策を

「気候変動に対する人類活動の影響を正しく理解・自覚する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「気候変動に具体的な対策を 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。

後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において、女性や青年、地方及び社会的に疎外されたコミュニティに焦点を当てることを含め、気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための能力を向上するメカニズムを推進する。

PAGE TOP