5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 社会課題105×SDGs
  4. >
  5. 循環型社会の形成のための情報共有と教育を促進する社会を実現する

循環型社会の形成のための情報共有と教育を促進する社会を実現する

循環型社会とは、大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会に代わるものとして提示された3R(reduce・reuse・recicle)からなる概念である。 アジアをはじめとする各国の経済発展により、世界全体での廃棄物の発生量が増加している。 それに伴ってリサイクルの進展や資源需要の増加による循環資源の越境移動量の急激な増加が引き起こされ、 循環資源の不適切な処理・循環的利用による環境被害の可能性が生じている。 一方で我が国にはすでに循環型社会を支える優れた技術が多く存在する。 3Rを支える技術として食品廃棄物のリサイクル技術が挙げられる。たい肥化や飼料化の技術、 その他の燃料などに再資源化する技術が生まれている。 このような技術に関して最先端を走っている我々こそ、循環型社会の形成のための情報共有と教育を促進する社会を 実現する為に、世界に向けて技術と知恵の拡散を牽引していく役割も持つべきなのかもしれない。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

つくる責任 つかう責任

「循環型社会の形成のための情報共有と教育を促進する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「つくる責任 つかう責任 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。

雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業に対して持続可能な開発がもたらす影響を測定する手法を開発・導入する。

開発途上国の特別なニーズや状況を十分考慮し、貧困層やコミュニティを保護する形で開発に関する悪影響を最小限に留めつつ、税制改正や、有害な補助金が存在する場合はその環境への影響を考慮してその段階的廃止などを通じ、各国の状況に応じて、市場のひずみを除去することで、浪費的な消費を奨励する、化石燃料に対する非効率な補助金を合理化する。

PAGE TOP