5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 社会課題105×SDGs
  4. >
  5. 拡散したゴミや廃棄物を回収・再資源化することで環境の回復を促進する社会を実現する

拡散したゴミや廃棄物を回収・再資源化することで環境の回復を促進する社会を実現する

環境中のゴミの回収と再資源化技術が発展することでゴミ焼却時に排出されるダイオキシン、 土壌・地下水汚染など多くの問題を解決することができる。また、不法投棄等による衛生面への悪影響を減らすこともできる。 増え続けるゴミの問題を解決するために、画像処理による効果的なごみ収集技術、無人収集ロボットなど、多くの技術サービスが展開され、 環境中のゴミの回収に対するハードルを下げるイノベーションが起こっている。 また、プロダクトがゴミになることを前提とし、海洋生分解性プラスチックや紙など、素材を工夫する取り組みや企業も増加している。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

つくる責任 つかう責任

「拡散したゴミや廃棄物を回収・再資源化することで環境の回復を促進する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「つくる責任 つかう責任 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な開発及び自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。

2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

特に大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むよう奨励する。

PAGE TOP