5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 社会課題105×SDGs
  4. >
  5. スマートシティの促進により交通や生活インフラを機能的・効率的に運用する社会を実現する

スマートシティの促進により交通や生活インフラを機能的・効率的に運用する社会を実現する

交通渋滞によって生じる経済的な損失は非常に大きく、2017年には国内だけで年間約12兆円にのぼりました。 都市部への人口集中状況などを踏まえ、より効果的な渋滞解消の仕組みが今後求められている。 そこで現在、シェアサイクルなどの自動車以外による移動、自動運転の実現による人為的な渋滞の解消、リアルタイムでの交通量把握や相互通信による次世代交通システムの構築など、様々なシステム開発が進んでいる。 省エネ・混雑解消交通・効率的インフラの総合設計都市が実現されるとどうなるか。混雑を低減する交通や、省エネ効率的インフラ活用システムや渋滞の発生しにくい交通網制御や自動運転等を用いた渋滞レスかつ省エネルギーのスマート交通システム、集団心理に基づく混雑の解消等、エネルギー、インフラ、交通、空間活用において合理的でスマートな小規模最適都市を実現する。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

住み続けられるまちづくりを

「スマートシティの促進により交通や生活インフラを機能的・効率的に運用する社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「住み続けられるまちづくりを 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

PAGE TOP