5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 社会課題105×SDGs
  4. >
  5. 安定的で持続的な食料生産ができる社会を実現する

安定的で持続的な食料生産ができる社会を実現する

高い食料自給率を実現すると、国内での食料の安定供給や、他国の問題による食料不足などの問題を防止する可能性が高まります。

日本の食料自給率は非常に低く、食料面で海外に大きく依存しているのが現状です。
こうした状況は、他国の経済・生産状況に自国民の食生活が委ねられる危険性を含んでいます。

また、生産元である発展途上国を経済格差によって食料不足にしたり、長距離輸送による環境への悪影響などにも繋がります。
そのため、流通面だけでなく生産のあり方にも目を向ける必要性が指摘されています。

この問題を改善するため、現在、植物工場や人工肉を創り出す培養技術、農業IoTによる低コスト生産など、従来よりも負担の少ない方法で高品質な食料を生産する技術・製品の発明が進んでいます。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

飢餓をゼロに

「安定的で持続的な食料生産ができる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「飢餓をゼロに 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

2.3 2030年までに、土地、その他の生産資源や、投入財、知識、金融サービス、市場及び高付加価値化や非農業雇用の機会への確実かつ平等なアクセスの確保などを通じて、女性、先住民、家族農家、牧畜民及び漁業者をはじめとする小規模食料生産者の農業生産性及び所得を倍増させる。

2.4 2030年までに、生産性を向上させ、生産量を増やし、生態系を維持し、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水及びその他の災害に対する適応能力を向上させ、漸進的に土地と土壌の質を改善させるような、持続可能な食料生産システムを確保し、強靭(レジリエント)な農業を実践する。

PAGE TOP