5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
  1. TOP
  2. >
  3. 社会課題105×SDGs
  4. >
  5. 過疎地や遠隔地でも格差なく暮らせる社会を実現する

過疎地や遠隔地でも格差なく暮らせる社会を実現する

大都市への人口流出や一極集中が進む一方で、地方の過疎化・高齢化も加速しており、日本国内では、30年後に人口が半減する地域は、約6割にのぼると推測されている。 そのため、今後の地方、特に過疎地や遠隔地での生活においては、医療や教育、インフラ、公共交通や商業施設を含めた公共・民間両方のサービスを都市部と同水準で受けることが可能な社会の実現が望まれている。 そこで現在、地方にいながらも都市部と同等の質、価格で商品を購入できる無人型のストアなど、地域格差を是正しながら経済活動が成立するような新しいビジネスが生まれてきている。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

人や国の不平等をなくそう

「過疎地や遠隔地でも格差なく暮らせる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「人や国の不平等をなくそう 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

PAGE TOP