5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ

医療人材の育成と輩出を促進し医療技術を向上させる社会を実現する

医療人材の拡充と医療技術の質を向上によって、途上国における教育機関や人材の未整備、財政の不足等による、医療人材教育の遅れを解消るとともに、先進国も含め、診断や手術などの医療ミスを低減するための医療技術の向上と情報共有による医療の効率化技術を駆使する社会を実現する。
さらに医療従事者の労働負担をなくし、多くの患者に高水準の医療を提供することへつながる。
現在は、医師や看護師の業務負担が大きいことで、地域や診療科目によっては深刻な人手不足が生じています。 心身ともに負担を減らし、医師・看護師が患者ひとりひとりと向き合うことが出来れば、文書作成など医療従事者の業務負担解消だけでなく、生活者が地域や診療内容を問わず最善の医療を受けられます。

現在、こうした問題を解決するために電子カルテなどのシステムや、高性能手術ロボットの開発が進められている。
院内業務の効率化、手術時の負担を減らすことで、医者、看護師、患者それぞれが充実した医療の世界が実現するかもしれない。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

すべての人に健康と福祉を

「医療人材の育成と輩出を促進し医療技術を向上させる社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「すべての人に健康と福祉を 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において保健財政及び保健人材の採用、能力開発・訓練及び定着を大幅に拡大させる。

PAGE TOP