5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ

事故による死傷者をなくす社会を実現する

交通を含む事故による死傷者低減は、具体的に道路での交通事故や、家庭内・職場での事故による死傷者をなくす安全技術、交通インフラ、法規制、救急救命技術、自動車関連技術の整備および救急医療体制などの整備を拡充で、実現する。

交通事故は、毎年世界中にいる約120万人の命と遺族の生活を救うことができる。
世界で多発する交通事故は、特に15~29歳で死因のトップとなっている。
たとえ一命を取り留めても、後遺症によって身体の一部を失ったり脳の働きを阻害する症状が起きるなど、その後の人生に大きく影響を及ぼす危険性を孕んでいる。

また、途上国には安価な輸入車が大量に流入しているが、経済的な困難からインフラ整備が追い付かず、結果として交通外傷が激増している。
そのため、早急に法整備や救急医療システムの構築、道路の安全対策が課題となっており、長い時間を要する。

そこで、手軽にIoT化出来る装置の開発が進んでおり、経済規模に大きく左右されない既存設備や車両へのIoT導入などが行われている。 この安全システムによって交通事故が発生する可能性がなくなるのではないかと期待される。

SDGsとの関連性

この社会課題はSDGsの以下の目標達成につながります。

+ 詳しく知る
×

すべての人に健康と福祉を

「事故による死傷者をなくす社会を実現する」はSDGs17目標のうちの「すべての人に健康と福祉を 」と紐付いており、その中の下記のターゲットと関連しています(参照: ユニセフ:持続可能な開発目標(SDGs)とターゲット

3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。

PAGE TOP