5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「風力発電」

市場概要

2015 年、国連気候変動会議(COP21)で採択された「パリ協定」に基づき、温暖化対策として再生可能エネルギー推進の機運が高まっている。風力発電の専門誌「ウィンドパワーマンスリー」は、2015 年末時点で、世界の風力発電能力は 4 億 1496 万キロワットに達し、原発の発電能力 3 億 8225万キロワットを上回ると予想した。世界風力エネルギー協会(WWEA)は、風力の発電能力が 2030年には 20 億キロワットに達すると見込んでおり、風力発電は太陽光発電とともに、未来のエネルギー需要を支える基幹産業としての発展が期待される。陸上だけでなく、欧州を中心に、洋上風力発電施設も増加している。技術面では、従来からの風車に加え、羽根を持たない新しい原理に基づく風力発電システムも実証段階に入るなど、今後の展開から目が離せない。

主な技術要素

自然エネルギー、再生可能エネルギー、風車、羽根、ブレード、タービン、動力伝達軸、ナセル、増速機、発電機、ブレーキ装置、ローター軸、発電機軸、インバーター、変圧器、ギア、回転速度、電気変換、塔体、昇圧、送電線、配電線;羽根無しタービン、ボルテックス、渦度、円錐体、振動、共振

具体的に取り組んでいる企業の紹介

 

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP