5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「仮想現実(AR・VR・SR・MR)・3D投影」

市場概要

仮想現実(AR・VR・SR・MR)は、ユーザーの意識もしくはその感覚(五感)の一部を仮想の空間に没入させることによって、疑似体験を提供する技術である。ユーザーの感覚と仮想空間との関連性を増やし、またそれらの密度、精度を高めることで、疑似体験のリアリティーを高めることができる。

VR(Virtual Reality:仮想現実)は、現実に存在しない世界や見ることが困難なミクロ・マクロ・危険・遠隔などの異世界を疑似体験。

AR(Augmented Reality:拡張現実)は、実空間実時間の映像に、コンピュータで作られた画像を重ねることで、現実世界の拡張を体験。

MR(Mixed Reality:複合現実)は、仮想空間を現実空間に重ね合わせ、現実世界の中の関心領域を増幅・強調させる。

SR(Substitutional Reality:代替現実)は、現実の世界と過去の映像を混同させて、本来実在しない人物や事象が実時間・実空間に存在しているかのように錯覚させる。

上記を複合的に用いる手法、例えば、視覚的 MR と聴覚的 MR を同時に達成する視聴覚併用 MR空間や、現実世界に実在する物体を視覚的に隠蔽・消去する「DR(Diminished Reality:隠消現実感)」などもある。

とりわけ、遠隔手術や遠隔作業などで必要な高い能動的身体性・自己投影性を確保するためには、自己定位の成立が重要である。

さらに新しい映像技術として、眼の網膜に直接映像を投影する技術がある。QD レーザ社の網膜走査型レーザアイウェア「Retissa」は、メガネ型フレームの内側の超小型半導体レーザプロジェクタから、装着者の瞳孔を通して網膜にデジタル画像を直接投影する非インプラント型のウェアラブル機器。視力の低下した人のために、搭載されたデジタルカメラで撮影した映像をリアルタイムで投影することができる。投影する映像によって、様々な AR・MR 体験に利用できる。

主な技術要素

VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)、SR(Substitutional Reality:代替現実)、360 度没入型、ヘッドマウントディスプレイ、感覚伝送、触覚(力覚)提示、ハプティックスーツ、身体性メディア、インタラクティブアニメーション、VFX(Visual Effects:視覚効果)、体験型劇場システム、DolbyATMOS、IMAX、3D、MX4D、4DX、テーマパーク、アトラクション、動画配信、ゲームアプリ

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP