5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「熱電変換素子」

市場概要

熱電変換技術は、温度勾配を有する材料の両端や温度差のある異種材料間に起電力が生じる現象を利用して熱エネルギーを直接電気エネルギーに変換する技術である。熱電変換技術が寄与できる応用産業は、化石資源エネルギーから得られる排熱発電、地熱や温泉熱を利用する発電などから自動車などの排熱利用まで、需要は非常に明確で関係する市場領域も広い。しかしながら、温度差を利用するため燃料電池や太陽電池の変換系に比べると発電変換効率が低く、システムの製造コストが高いことが実用化に向けての大きな障害になっている。熱電変換技術を用いた熱電発電は実用化されているものは少ないが、欧米ではプロジェクトが実施されており、無線センサや熱エネルギー回収発電へ市場が拡大するものと期待されている。

主な技術要素

ゼーベック効果、素子成型・加工技術、ナノ構造制御技術、組織配向化技術、無機熱電変換材料、有機熱電変換材料、p-型素子、n-型素子、テルル系化合物、アンチモン系化合物、シリコン系化合物、金属酸化物、ホイスラー合金系、導電性高分子、スピンゼーベック素子などが挙げられる。

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP