5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「テラヘルツ波」

市場概要

テラヘルツ波(terahertz wave)とは、周波数が 1THz(テラヘルツ=10^12 ヘルツ)付近の電磁波のことで、周波数の範囲に明確な定めはないが、概ね 100GHz(波長 3mm)から 10THz(同30μm)の範囲の遠赤外領域を指す。この領域は電波と光の中間に位置しており、分子の振動・回転運動、分子間相互作用、固体の格子振動や半導体ナノスケール素子の光学応答、超伝導エネルギーギャップ、フォノン、プラズモンなど様々な物理現象に関わる振動数領域であることから、物質情報を反映する電磁波として、注目されてきた。極微量の分子の同定のほか、可視光が透過できない繊維や紙、プラスチックなどを透過できることから、非破壊検査などへの応用、さらには、宇宙における天体形成のメカニズム解明にも新しい道を拓く可能性がある。

浜松ホトニクスは、テラヘルツ波の光源として量子カスケードレーザ(QCL)を、また、テラヘルツ波の検出器として、シリコンウェハに作製した 2 次元のアレイセンサの研究開発を行っている。

科学技術振興機構(JST)の研究チームは 2015 年、独自開発の半導体量子素子による光子検出器(量子ドット検出器)を組み込んだ超高感度の走査型顕微鏡を開発し、電子がテラヘルツ周波数で振動する際に放出される極微弱なテラヘルツ放射光を一つ一つの光子の粒として画像化することに世界で初めて成功した。今後空間分解能を向上させることにより、細胞内のサーモグラフィや、生命活動中の分子が振動や回転する様子をありのままに可視化するなどの応用可能性に期待が持たれる。

また、国立天文台は、テラヘルツ光による天体観測性能を飛躍的に向上させるため、超伝導トンネル接合を用いた高感度検出器アレイとその検出器を用いた超広帯域干渉計技術を開発している。さらに極低温で動作する CCD のようなテラヘルツ光カメラの開発を進め、宇宙創成に迫るダイナミックな画像を得ることを目指している。

主な技術要素

テラヘルツ、遠赤外、格子振動、分子振動、分子回転、分子運動、非破壊検査、子カスケードレーザ、量子ドット検出器、テラヘルツ顕微鏡、テラヘルツ望遠鏡

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP