5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「太陽熱発電」

市場概要

太陽熱発電(concentrating solar power:CSP)とは、太陽熱によって生成した蒸気を用いてタービンを回し発電するシステムであり、主に、太陽光を集光して熱に変える集光・集熱部と、蒸気タービンで発電する発電部からなる。集光には鏡面加工された反射鏡を利用し、集光することで、エネルギー密度の低い太陽エネルギーでも高温を得ることができる。タービンの回転に利用した水蒸気を回収するために冷却水を用いて水蒸気を水に戻す工程を含む。太陽光を熱に代えて発電するため、蒸気タービンなどによる機械的な慣性力によって発電量が平滑化されるほか曇天日や夜間など、日射の得られない時間帯でも発電を可能にする蓄熱システムの導入や、化石燃料やバイオマスなどを燃料とするボイラを組み込んだハイブリッド化が可能。燃料を燃やさないため燃料費がかからず、二酸化炭素の排出も無い。サンベルト地帯と呼ばれる、アフリカ北部、中東、イタリアやスペインなど欧州南部、アメリカ合衆国北緯 37 度以南に広がる日照量の多い地域で主に見られる発電方式で、2010 年以降、導入が増えている。

主な技術要素

集光・集熱部(集約部)、発電部、蓄熱部、冷却水、トラフ・パラボラ型、リニア・フレネル型、タワー型・ビームダウン型、ディッシュ型、スタンドアロン方式、ハイブリッド方式、太陽熱発電技術にガスタービン発電技術を組み合わせた新方式の太陽熱複合発電(ISCC)方式、融解塩を用いた繊熱蓄熱システム、直接二層式、間接二層式、サーモクライン式、固定買取価格

具体的に取り組んでいる企業の紹介

 

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP