5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「スマートアグリ・農業ICT」

市場概要

農業は昨今、世界中でスマート化が加速し、様々な企業が参画する市場として、活性化している。例えば、センサネットワークやクラウドシステムなどICT(情報通信技術)を導入することで、いかにヒトを介さずに効率よく圃場管理するか、またどれだけ収量を増やせるか、より安全性の高い農業を実現できるかなど、様々な取り組みと活用が広まっている。また露地栽培はもとより、植物工場や施設園芸において、気温や湿度、風向や風量、土壌や灌水中の成分分析をカメラや各種センサを用いて遠隔監視・遠隔制御するほか、ドローンを使った農薬散布を行っている。また牧場等の家畜の健康管理や安全管理家畜などの生産管理からそれぞれ一体一体の追尾や探索まで行うことで、生産の質から生産性そのものまで改善が及んでいる。

主な技術要素

「スマートアグリ・農業ICT」の技術要素としては、センサネットワーク、土壌センサ、水分センサ、気象センサ、カメラ、ドローン、クラウド制御、遠隔監視となっており、かなりの技術要素は既に多くの農場に活用されている。

具体的に取り組んでいる企業の紹介

Inahoは、AI農業ロボの開発を行い、AIによって、様々なデータを蓄積し、気温や日射量などの環境データ、成長率や収穫率などの成育データ、作業の時間や内容などの管理データ、将来的にはこれらのデータを有効活用して、収穫の自動化から、多岐に渡る観点で農業経営を支えるシステムの構築を目指している。農業人口の不足、高齢化問題といった社会の大きな課題の解決に挑戦するベンチャー企業である。

RECRUIT
INFO.
inaho株式会社の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    • 【神奈川】選択収穫ロボットの開発

      選択収穫ロボットと呼ばれるジャンルのロボットを作っています。 主な構成要素は、 ・自律走行する移動体 ・収穫対象かどうか判断する画像処理技術 ・対象物を収穫するロボットアーム ・制御ミドルウェア  です。 一次試作 (プロトタイプ) ができあがりつつあり、 2017年10月に…

    • 【神奈川】自動野菜収穫ロボットに目と頭脳を授けるエンジニア

      【具体的業務】 自動野菜収穫ロボットが、収穫対象の野菜を認識し、ロボットアームで収穫できるようにする"認識・制御アルゴリズム"の開発を行います。 【その他】 ■開発体制 2018年夏から採用活動を開始し、2019年2月時点で6名のエンジニアがいます。 大手メーカー出身者やAIスタート…

PAGE TOP