5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「市場予測・未来予測」

市場概要

スマートフォンやタブレット、M2M、IoT などの普及に伴い世界のデータ量は急増しており、その中には構造化データだけでなく、SNS や位置情報などの非構造化データも含まれる。これまでは大量の非構造化データの収集分析は時間と労力面で限界があったが、データのリアルタイム分散処理技術やストレージのコストダウン化などの IT技術の進歩によりこれまで利用が難しかった非構造化データを活用できるようになってきた。まさにビッグデータの時代の到来である。ビッグデータの活用はあらゆる分野に及び、特に、デジタルヘルスケア(個体差に注目したプレシジョンメディスン)や、ITS(高度道路交通システム)、G空間(地理情報と紐づけられた情報空間)における人間の行動分析などに大きな変革をもたらすといわれている。こうしたビッグデータ解析は、パラメータ間の単純な相関関係を明らかにするだけでなく、相関関係をモデル化し、様々な条件下でのシミュレーションや思考実験により、Predictive Analytics(予測分析)へと繋がり、未来予測や市場予測に大きな進展をもたらす。現在すでに、天気予報などにおいて、ビッグデータを用いた未来予測は実現しているほか、工場設備等の劣化による故障診断において、故障が起こる予兆をつかみ、また、その時期を予測することなども可能となっているが、今後は、ビジネスのリアルタイムのトレンド解析だけでなく、トレンドの変化を予測し、どの時期にどのような変化が見られるかまで予測できることが求められる。このような予測手段を持つことで、ビジネスの意思決定がより高い論拠を以て行われることが期待される。

主な技術要素

データ量、構造化データ、非構造化データ、リアルタイム分散処理、ストレージ、 IT技術、ビッグデータ、デジタルヘルスケア、プレシジョンメディスン、ITS(高度道路交通システム)、G空間、地理情報、情報空間、人間の行動、パラメータ、相関関係、モデル化、シミュレーション、思考実験、Predictive Analytics(予測分析)、未来予測、市場予測、天気予報、工場設備、故障診断、予兆、時期を予測、リアルタイムのトレンド解析、変化を予測、時期予測、予測手段、意思決定

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP