5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「位置情報サービス」

市場概要

位置情報に関連付けられた地理空間を「G 空間」と呼ぶ。G 空間を ICT(情報通信技術)で活用する位置情報サービスは、スマートフォンやカーナビなどの電子機器で現在位置を地図上に表示したり、当夜の星空図を表示し、見られる星座など天体情報を提示したり、落とした携帯電話の在り処を探したり、誘拐や徘徊への対策とするなど、様々なサービスが実用化しており、LBS([location based service)と総称される。とりわけ、現在位置付近にある医療機関や店舗、その特売情報やイベントなどの周辺情報を自動的に提供したり、その場で商品・サービスの予約・注文ができたりする O2O(Online to Offline)サービスは、地域活性化の鍵としても注目されている。また、自動運転により変貌するモビリティやテレマティクスのコンテンツサービスとしての可能性も大きい。

主な技術要素

地理空間、G 空間、GPS 衛星、準天頂衛星、衛星航法システム、衛星測位システム、地域航法衛星システム、衛星電波、携帯電話基地局、ビーコン、車載センサ、ジャイロ、加速度センサ、車速センサ、FM、Wi-Fi、NFC、RFID、ナビゲーション、スタンプラリー

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP