5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「軽量化設計車」

市場概要

自動車を含む輸送機器のエネルギー消費量抑制において燃費改善が喫緊の課題であり、そのための有効な手段として車体の軽量化の取り組みがなされている。材料の大半を占める鉄鋼の改良では抜本的な軽量化(20~50%)は実現できず、より軽量な新規材料(汎用樹脂・エンプラ・熱硬化性樹脂・熱可塑性エラストマー・合成ゴム・その他)による置き換えが進んでいる。現在は軽自動車や HEVが中心だが、今後は4WD(4 輪駆動)や大型車、産業機械等にも軽量化材料が波及していく。既存の自動車における超軽量化材料への置き換えは比較的早期に進む見込みだが、自動運転車の将来的な普及により、レーダーやカメラ、センサといったIT関連部材の搭載や異業種からの事業参入等の抜本的な事業環境の変化などが起こる可能性がある。

主な技術要素

・超軽量高強度金属・非金属、材料の加工・接合技術、最適設計化
・駆動系の効率向上
・高電圧化(車両配電系)
・駆動、タイヤ、空力、材料などの複合化やマルチマテリアル化
・走行抵抗の低減
・熱効率やエンジンの効率向上

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP