5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「InSilico/スパコン創薬・バイオインフ ォマティクス」

市場概要

コンピュータを用いて創薬の計算・予測を行う in Silico 創薬のうち、スーパーコンピュータを使用するものを特にスパコン創薬と言う。また、ゲノム、SNP、トランスクリプトームや、タンパク質相互作用の解析などのバイオインフォマティクスと、分子などの化学的情報を扱うケモインフォマティクスを創薬研究に利用することを創薬インフォマティクスと呼ぶ。実際に実験するのではなくコンピュータ上での仮想実験であるため、研究開発に係るコストや時間の大幅な短縮を実現した(約1000 億円→700 億円前後)。例えば、医薬品候補化合物の構造情報とターゲットタンパク質の情報とをコンピューター上でシミュレーションさせ ADME 予測・化合物選択を実施したり、SBDD(Structure Based Drug Design)や LBDD(Ligand Based Drug Design)といったドラッグデザイン手法により選択性の高い候補化合物を構造展開を進めたり、創薬インフォマティクスの種々の情報からドラッグリポジショニングが可能になるなど、創薬研究には欠かせない技術である。また、個別化医療・オーダーメード医療の発展にも寄与する。

主な技術要素

in Silico 創薬、スパコン創薬、ゲノム解析、SNP 解析、トランスクリプトーム解析、プロテオーム解析、メタボローム、パスウェイ解析、オミックス、シーケンス、マイクロアレイ、タンパク質相互作用解析、バイオインフォマティクス、ケモインフォマティクス、創薬インフォマティクス、構造活性相関、ADME 予測、SBDD、LBDD、ドラッグデザイン、ドラッグリポジショニング、バーチャルスクリーニング, インシリコスクリーニング、モデリング、ファーマコキネティクス, 薬物動態、薬効薬理、ファーマコフォア

具体的に取り組んでいる企業の紹介

RECRUIT
INFO.
の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    PAGE TOP