5年先の社会を発信するラボ
  • 5年先の社会を発信する未来ラボ
未来を創る成長市場

成長市場「画像認識システム」

市場概要

画像認識(image recognition)とは、画像処理技術を用いて、画像データを解析、画像の中から特徴や有意の情報を抽出し、評価・分析・同定などを行うことをいう。バーコード認識、文字認識(OCR)なども含む。人の画像認識では、個人認証や個人識別、行動分析や関心分析、病気診断や犯罪捜査などに多用される。また、人工衛星による地球観察は、気象予測やリモートセンシング、農業観測など多彩な用途に利用される。

3D カメラやレーザースキャナ―による 3D 画像からの立体認識は、都市のインフラモニタリングや道路交通シミュレーション、電子地図作製、建築物の設計デザインなどに応用されるほか、AR(拡張現実)・VR(仮想現実)と組合せることで、ゲームやスポーツトレーニングなどにも応用される。

主な技術要素

画像処理、画像データ、解析、特徴、抽出、評価、分析、同定、バーコード認識、文字認識(OCR)、人の画像認識、個人認証、個人識別、行動分析、関心分析、病気診断、犯罪捜査、人工衛星、地球観察、気象予測、リモートセンシング、農業観測、3Dカメラ、レーザースキャナ―、3D画像、立体認識、都市、インフラモニタリング、道路交通シミュレーション、電子地図作製、建築物設計デザイン、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、ゲーム、スポーツトレーニングなどがある。

具体的に取り組んでいる企業の紹介

Hmcommは、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会へ貢献する」というビジョンを持ち、人工知能を活用し音を可視化することで、キーボードレスな社会の実現を目指している。世の中の人々がより良い働き方、よりよい生産性を実現するために必要なソリューションを提供し、近い将来“デジタルな労働者”の創造も目指す最先端ベンチャーである。

音を認識する技術を活用することで、コールセンターでの業務の利便性や効率化を大幅に改善し、コールされたユーザーの感情分析まで行うことで、より良いサービスや問い合わせの改善を図られている。また公共インフラで人が行き交うリアルな現場での異常音を察知し未然に危険を防ぐこと、養豚場での豚の鳴き声から感情や体調が分析できるような技術も開発し、飛躍的に生産管理の質を向上させたり、さらには要介護者の感情分析にも導入できるように検討されている。

RECRUIT
INFO.
Hmcomm株式会社の求人情報
(採用プラットフォーム「SCOPE」より)
    • 【東京】産総研初ベンチャーで音声認識人工知能の開発

      顧客環境、新規案件に準じたシステム設計・構築・運用の全般をお願いいたします。 志向性に応じて、積極的にマネジメント経験も積める様配慮いたします。 ■具体的には ・サービスの運用設計、ユーザー・サーバの運用管理システムの運用と機能拡充 ・サーバの構築、維持、管理、各種アラートの対応、設定作…

PAGE TOP